スタッフブログ

老後になると収入が年金だけになるため、

賃貸物件を借り、

家賃を支払い続けながら生活をするということは

現実的には難しくなります。

 

家主さんだって、お年寄りに住んでもらうよりは、

若い方に住んでもらえた方が、

死亡リスクや保証人問題に

頭を悩ますことだってありませんしね。

 

ですから、老後のことを考えると、

誰しもがマイホームを持っておくべきであると言えます。

しかしながら、老後に

多額の借金が残るような予算計画で家づくりをしてしまえば、

収入が少ないのに賃料を払い続けているのと

同じ結果になってしまいます。

 

そして、つまるところ、

住宅ローン破綻を引き起こし、

家を手放し、債務に負われ続ける上に、

賃料までも払わなければいけないという結果になってしまいます。

 

それゆえ、家づくりの予算設定には

細心の注意を払う必要があるし、

予算を絞っていく工夫をする必要があります。

土地にお金を掛け過ぎてはいけない!?

先日、ファイナンシャルプランナーさんとお話する機会があったので、

「予算計画をしていて感じることって何がありますか?」

というご質問をさせていただきました。

 

すると、そのFPさんは、

「みなさん共通して言えることは、

土地にビックリするぐらい

予算を使い過ぎてしまっているということですね・・・」

とおっしゃっていました。

 

そして、その結果、

住宅ローン借入れが4000万円を超えてしまうようなことになり、

多くの世帯で、家計が火の車になってしまう・・・

とのことでした。

 

もちろん、その状態が行き着くところは、

貯蓄・運用が全く出来ないことから、

子供たちの教育資金や、

自分たちの老後資金の欠乏に陥ってしまうということですね。

 

最悪なことは、

先程お伝えさせていただいたように、

住宅ローンが払えなくなり、

家を手放してしまうという結果です。

土地に予算を使い過ぎたらどうなるか?

土地の予算を使い過ぎると、

2つの選択肢のどちらかを選ぶしか方法がなくなります。

 

1つは、家の予算を大幅に減らすという選択肢で、

もう1つは、家の予算も減らさなかった場合は、

返済金額が上昇してしまい、

これからの暮らしが厳しくなるという選択肢です。

 

いずれも決して良い選択肢ではありませんよね?

それゆえ、そもそも、

そんな不幸な2つの選択肢を取らなくて良いようにするために、

誰もが、土地に掛ける予算を間違えないようにしないといけません。

土地選びで知っておくべき2つの知識

では、どのようにして土地を選んでいけばいいか?

ということになりますが、

まず、覚えておいていただきたいことが、

無駄に広い土地を買わないということです。

  

土地は、自分たちに必要な家が建ち、

置きたい台数の車さえとめることが出来れば、

それだけで充分です。

 

無駄に広い土地を買っても、

庭の工事費用も高くなるだけですし、

後々の庭の手入れも大変になるだけですしね。

 

それゆえ、まずは自分たちが望む家がどんな家なのかを明確にし、

それから、その実現のために必要な

最小限の土地を探すようにすることが、

土地予算の圧縮のためには欠かせない要素となります。

 

また、南道路の土地を買わないことも、

土地予算を圧縮するためには欠かせない要素です。

 

一般的に、南道路は、

最も価格が高く設定されています。

また、それだけじゃなく、

競争が激しいことから、

売主の言い値で購入せざるを得なくなります。

 

しかし、それだけ高いお金を出したにもかかわらず、

実際に建つ家は、外から丸見えの家になってしまうことから、

カーテンが欠かせなくなります。

また、シャッターも欠かせなくなります。

結果、室内が決して明るくない家が出来上がってしまいます。

 

しかも、丸見えを防ぐためにつけた

カーテンやシャッターに余分なコストがかかるし、

さらに、目隠しや植栽といった外構工事にも、

余分なコストがかかってしまうことになりますしね。

住みやすさは土地の日当たりに左右されない

日当たりが良い土地を買えば、

必ず明るくて風通しが良くて、

居心地がいい家になるわけではありません。

 

逆に、日当たりに難がありそうな土地を買えば、

必ず暗くて風通しが悪くて、

居心地が悪い家になるわけでもありません。

 

明るさや風通し居心地は、

どんな土地でも実現可能であり、

その実現の可否は、

土地が要因となるのではなく設計が要因となります。

 

ですから、これらをご理解いただいた上で、

土地に無駄にお金を掛け過ぎることなく、

土地選びをしていただければと思います。

  

それでは、、、
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373
2/29(土)3/1(日)半田市上池町にて
現場完成見学会を行います。
東海ホームズ LaChic シリーズ LaChickamiike
外観はブラックでガルバニウム鋼板を使用
シンプルで、かっこよく、
玄関とバルコニーの木目が映えます
なかはコンパクトながら、1階はLDK16帖を確保
2階は2部屋と4帖のウォークインクローゼット UB 
そして、高性能な家、高断熱、高気密を体感できる期会になります
完成見学会もタイミングなので、ぜひこのチャンスに
一度ご見学にいらしてください。


おはようございます!
最近、ますます冷え込みが厳しくなってきましたね!
武豊町にある東海ホームズの「郷の家」のモデルハウスで薪ストーブの体験ができます!

薪ストーブの火を眺め、天然木のぬくもりにつつまれながら、薪ストーブの前でお茶でものみながら温まりませんか??


IMG_20200115_133947
道路面に張り紙中!
IMG_20200115_134002

郷の家にて薪ストーブはじめました 毎年12月頃より活躍する薪ストーブ 
今年は暖かい日が続き、ようやく薪ストーブをつけるようになりました。
ただ日中は窓をしめているだけで暖かいので、暖房機器は必要なし。
ぜひ、温かみのある、薪ストーブを体験しに来てください。!(^^)! 

IMG_20191209_144134
西側のもみじ
昨年よりもきれいに緑と黄色の色の変化が見られます
IMG_20191209_144143
ウッドデッキの中央に鎮座しています
IMG_20191209_144217
東側の木 

東海ホームズ事務所のシンボルツリーが今年はきれいに紅葉しました。
時々すごく寒い日と暖かい日が繰り返して、赤や黄色に変化します。
日のあたりぐあい、気温とかいろいろな条件のなかで色のでかたがかわるので毎年楽しみです。

IMG_20191001_092316
足場が外れ、全貌が見えてきました。
グレーの外壁がベースにホワイトのアクセントが映えます。
IMG_20191001_092336
裏からみた北面です。
窓をそろえて、バランスよく外壁のアクセントも良い感じ!

瀬戸市で、建設中でしたK様邸。 完成まじかで、引渡しが楽しみです。
中は、自然素材をふんだんに使いナチュラルで、暖かいかい雰囲気です。
中の様子はまた後日。

岩盤浴
連休中に岐阜の湯の城(岩盤浴)に行ってきました。

久々(1年ぐらい)の岩盤浴と温泉、充実した1日を満喫しました。

10時~17時岩盤浴で寝たり、ロウリュウを楽しんだり、勉強を少しやったりしてあっという間に1日が過ぎました
岐阜の湯の城はホットドリンク(お茶、紅茶、コーヒー)が自由に飲めたり漫画などを読めたりしたので凄くいい所でした
温泉も天然温泉で気持ちよかったです。

月に1.2回行きたいぐらいよかったです。
郷の家
外壁工事も終盤にさしかかってきました。
瀬戸市初の郷の家。
今回は紺色の外壁がベースでアクセントにホワイトの外壁を選びました。
早く足場が外れて欲しいです。

satonoieomote0808
家づくりフェア
satonoieura0817
健康住宅宣言

来る 9/7 (土). 9/8 (日) に 梨子ノ木モデルハウスにて 家づくりフェアを開催 いたします!

普段では聞けない、土地探しのコツ、失敗しない家づくり、資金の相談など、初めての家づくりの疑問にお答えします。

予約の特典ございます。  ぜひご来店お待ちしております。

satonoie1
こんにちは!東海ホームズの森下です!
9/7(土)・9/8(日)に郷の家でイベントを開催致します!

イベント内容は
郷の家のご案内はもちらん、
土地探しのご相談、
資金のご相談もさせて頂きます!

完全予約制ですが、
その分ゆっくりとご案内させていただきます!

天然木の家でゆっくりとくつろげるチャンスです♪
皆様のお越しをお待ちしております!

ご予約のお客様は下の画像をクリックして予約フォームにてご予約下さい!

郷の家モデルハウス見学会
IMG_20190728_193131
海の上から
打ち上げ場所まで約100m
IMG_20190728_193150
近すぎて、画面いっぱいです
1565409876210
これは1km離れてみたところ

衣浦みなと花火大会の写真です。

直近距離 100mの所で見たのですが、 とても迫力があり、音も花火も上から降ってくるようでした。

ただ、写真では 距離感が出せず、上手く取れてません。 <m(__)m>

結果、写真をとるなら、ある程度離れたほうが きれいに撮れる!・・・ でした。

防水検査

下の写真、何かわかりますか?

換気扇のスリーブと言って壁を貫通させる筒になります。

雨漏れがもしするとなると、こういった貫通部からの可能性が高いんです。

なので緑色の専用の防水器具を使って、その上に黒い防水テープを貼って・・・

この状態で検査を第3者機関にしてもらいます。

防水オプション検査までやっている会社は、あまり多くはないですが、大切なお客様の家。

万が一の事も起こってはいけない。

そんな思いで取り入れてます。


1D82665F-8FDA-4891-8DED-0BE266174C6A
打ち上げ花火
衣浦みなと花火見に行きました。
いろいろな花火が上がってました。写真はドラえもんですが。
くま、イカ、タコなどが上がっていました。

IMG_24862
家の広さって図面だけだと分からない。そんな時にVR。
今回は思ったよりもリビングが狭いな~てのが事前に分かるだけでも色々な対策が出来ますよね。
まだ建っていない家に入ってもらって体感してもらう。
少し前では考えられないですが。

自転車
ピタットハウス半田店が管理するアパート、マンションで退去した人達が自転車を放置して退去してしまいます。

なんとトラックの荷台一杯になるぐらいありました。

自転車の存在を忘れないで下さい。

scroll-to-top