フローリング 赤松無垢材 東海ホーム

東海ホームズの標準仕様 赤松無垢材はこだわりの無垢材です。
冬でもスリッパいらずの快適空間を作り出す大きな要素の一つになっています。

どこがこだわりなのか?
まず産地。北極圏のすぐ近く、北緯56度、ロシアのバイカル湖の北西に位置する地域で、赤松の伐採は行われます。
一番寒い時には気温マイナス50℃を超す寒さになる地域です。その地域の赤松は、およそ300年もの間、その林で
寒さに耐えながら育った実生の木なのです。

{注、実生の木とは人工的に植林された木ではなく自然に育った天然林の木を意味します。}
建築用材としては造林木に比べ、年輪が比較的均等で緻密であり、未成熟な部分や節が少なく、心材部分が大きい
のが特徴です。

木は、乾燥させると縮み、曲がりや反りが出てきます。乾燥させればさせるほど、木の狂いも大きくなります。
それを見越した上で、仕上がり寸法より大きな原板にします。
これをオーバーサイズといい、赤松床材の原板もオーバーサイズで作られています。

赤松無垢材の原板をシベリア鉄道に載せ、遥か4,500キロの道のりを港町に向け運ばれてきます。

日本に運ばれてきた赤松原板を乾燥機に入れ室温100℃~120℃の高温で木に含まれる水分を一気に抜きとります。
フローリング材の内装材と使用するため含水率をわずか5%以下にまでしています。

ここまで含水率を下げれば反り曲がりを極めて抑えことができます。
乾燥によって木の表面にでてくるマツヤニなども取り除いた上で製品は仕上がります。

どんなに良い素材を用意したところで素材を上手に生かす方法を知っていなければ宝の持ち腐れになりかねません。
私どもは、この素晴らしい素材を標準使用の床材として設定しています。
厚さ30mmの無垢床材の気持ち良さを是非モデルハウスにてご体感ください。