土台敷き(樹齢1000年以上のヒバ土台)

本日新潟から天然木の木材が届きました。

今日は土台敷きです。基礎の上に土台を敷いて、大引を組みます。
土台の材料は、樹齢がなんと1000年以上のヒバを使います。
目詰まりが細かく、柱を支えるための硬さ・強度が非常に優れている材料です。

しかも、天然木ならではの自然の力で、白蟻などの害虫が嫌がるヒノキチオールという成分を出すので、防蟻処理も必要ありません。
ヒノキチオールは薬や乳幼児向けの商品に含まれるほど人には無害です。
人には無害ですが、害虫を寄せ付けないとは、天然木の威力は素晴らしいです。
いくら自然素材をふんだんに使っても、床下が薬漬けというのは、気分の良いものではありませんよね。

現場は、ヒバの香りでいっぱいです。
今週末には建前を予定しております。