天然木の家 地盤調査

dc507b20b85692f030ea43fe9dedd85d
5月22日{金}常滑市のO様邸の地盤調査立会に行きました。
どんなに家の構造が強くても地盤が弱ければその影響を受けます。
家が載ってくる場所を5か所選定し{東南、西南、家の真ん中、北東、北西}スエーディングサウンディング方式の地盤調査を行います。
今まで200回くらい地盤調査に立ち会ってきましたが、同じ敷地の中でも強かったり弱かったりする場所もみられ調査してみなければわからないというのが正直な感想です。
もともと家が立っていたんだから地盤は固いはずだ!という言葉も何度も今までお施主様からお聞きしましたが残念ながら家が立っていたから強いということはあまり関係なく、もともとの地質がなんであるか?の方が地盤の根拠になります。

8056331bb81dd5c3dc13d8f62aa65525
100キロの重さをかけ矢じりのついた棒を回転させ25㎝下がるのに何回転して下がっていったかによって地盤の数値N値があきらかになります。
回転をかけなくても100キロの重さだけで下がってしまうこともままあり、その場合は重さを75キロにしたり、50キロにしたりして自沈があるかどうかを調べます。

しっかりとした堅い地盤の層がでてくると棒の回転数も多くなりゆっくりゆっくり棒が沈んでいきます。
もうこの層から下は強いというのがわかればそのポイントでの調査は終了です。

今回は一番深い所で3.7m、一番浅い所で1.6mと同じ敷地でもバラツキがありました。
この調査で調べるのは最大10mが目安なので今回はそれほど弱いという地盤でもなかったようです。

地盤調査の結果に基づき地盤の補強が必要かどうかを判断します。
地盤補強をしていただいた場合、20年間の保証がついてきますので安心です。

今回はお施主様の89歳のお爺さんが最初から最後まで調査に立ち会っていただきました。
本当にありがとうございました。