木の家なら 半田市 東海ホームズ

住宅瑕疵担保履行法をご存知ですか?

住宅品質確保促進法によって、新築住宅には瑕疵担保期間の10年の義務が課されています。
住宅に瑕疵{柱、基礎、外壁、屋根などの欠陥}があった場合は、売主または請負人{宅地建物取引業者や建設業者}
は、その瑕疵を修理したり、賠償金の支払い等をしなければなりません。

 万が一、売主または請負人が倒産などにより瑕疵を補修できなくなった場合でも、保証金の還付または保険金により
必要な費用が支払われるよう、平成21年10月から、新築住宅の売主または請負人が新築住宅を引き渡す際には、
「保証金の供託」または「保険への加入」が義務化されています。