東海ホームズの土台「ヒバ」

今回は、T様邸の土台伏せ時の写真とヒバについて。
ヒバには、ヒノキチオールがたっぷり含まれています。
ヒノキチオールという成分は、タイワンヒノキから抽出されたことが
きっかけで、ヒノキチオールという名前になりましたが、実は、日本の
ヒノキにはほとんど含まれておらず、ヒバ材にたくさん含まれており、
天然ヒバの木は、「薬木」と言われ神秘的な力を持っています。
土台伏せ
土台のヒバは、4寸角の無垢材です。
ヒノキチオールは多くの抗菌作用を示し、カビが原因で発生する樹木の病気などに対して
高い効果を発揮します。
 また、宮崎大学農学部の実験によると、ヒバ木材中にシロアリを挿入した場合、製材後1年の
ものでは48時間後より材中のシロアリが急速に死に至り、120時間後に100%死滅
製材後61年のものでも120時間後で75%、240時間後には100%死滅という結果が出たそうです。
 さらに、ヒバは、ゴキブリ、シロアリ、ダニなどを寄せ付けないという利点を持っているため全国の寺社仏閣の建築に使われ、平泉・中尊寺の金色堂は、870年経た現在でも凛とした姿を誇っています。
ヒバ材の耐久性は歴史的にも証明されているんですね。
■消臭・脱臭効果
  料亭の厨房などで、床にヒバの葉を敷き詰めるなど不快臭に対して消臭効果があります。
■保鮮作用
  ヒノキチオールを染み込ませた紙で野菜を包むと野菜が長持ちするという効果もあります。
読んでいただいている皆さんも、マイホーム建築の参考にしてください。