飛騨一宮 臥龍桜満開

0827d26b9e3cbdaefd5bcbd581dde547
飛騨高山駅からわずか一駅の飛騨一宮駅すぐ横に国指定天然記念物臥龍桜が咲いています。
推定樹齢1,100年のエドヒガンザクラで高さ20m、枝張り30m、幹まわり7.3mという立派な桜です。
f887f753d21347f3f3c12469936e70a3
昭和34年伊勢湾台風により中心部の大切な枝が折れる。
平成3年台風19号により大きな枝4本が折れるなど何度も大きな被害を受けながら「復活は不可能」と言われた桜を岐阜大学名誉教授 林進先生が中心となり桜の復活を信じ、再生を疑わなかった村人も協力したそうです。
ea655f8fd42feb5c1aef7e8bfa73505c
林先生は、桜も生き物である。人との共感がある。桜の生きようとする力を引き出し、そこに手を添える。時間をかけながら、復活への道をたどってきた。桜には「魂」があると私は、確信してきた。どんな技術があっても、心がこもっていなければ木は応えてくれない。こもや縄を持ち寄って協力してくれた人たち。桜の姿に涙していた人たち。この桜に勇気づけられ、生き抜く力を与えられた人たち。全ての人の思いが、臥竜を復活させた。と語られています。
たくさんの人の思いが詰まった臥龍桜今週末が見ごろです。