マイホーム資金計画 | 注文住宅

家づくりの資金計画はとても大切です。

自己資金だけで家を建てられる方は、そんなにいるものではありません。

ほとんどの方が、住宅ローンを組むことになります。

住宅ローンの借入額を考えるとき、「いくら借りれるか?」もしくは「毎月いくらなら返せるか?」のどちらで考えますでしょうか?

よく年収の何倍までは借入可能という話を聞きます。

「いくら借りれるか?」は、言い換えると「銀行から見た借入限度額・回収可能額」であって、個々のお客様にとっての限度額ではありません。

「毎月いくらなら返せるか?」は、趣味や旅行など現在の生活スタイルを維持し、またお子様の教育費など将来のライフプランも考えた上で、無理のない毎月の返済額を考えて借入限度額を逆算します。

「いくら借りれるか?」で借入限度額いっぱい住宅ローンを組んだばっかりに、家を建てた後の人生が「住宅ローンを返すだけ」になってしまっては、決して幸せな人生とは言えません。


「毎月いくらなら返せるか?」で家族みんなが幸せで楽しい家づくりを考えましょう。

資金計画の際には、くれぐれも無理のないローンを検討してください。