「諸経費」の中身? | 注文住宅

今回は、マイホームにかかる「諸経費」についてです。

もちろん最も大きい金額は土地代と建築費なのですが、見落としてはいけない費用が他にもあります。

マイホームを手に入れるときには、「諸経費がいくらかかるか?」にも注意を払う必要があります。

バカにならない金額ですから・・・。

物件価格の510%が目安。

物件価格が2,000万円なら諸経費は100万円~200万円。3,000万円なら150万円~300万円。

「諸経費」は原則として、自己資金で賄います。

したがって、この諸経費をちゃんと予算に組み込んでおく必要があります。

 

では、諸経費で主なものを・・・

  印紙代
土地を買うときの売買契約書、注文住宅を建築するときの建築請負契約書に貼付する収入印紙代のことです。

  仲介手数料
土地を不動産会社のあっせんで買うときに支払う手数料のことです。

  登録免許税・登記手数料

不動産を手に入れたとき、管轄の法務局で不動産登記をします。土地、建物の戸籍を作るようなものです。この不動産登記には登録免許税がかかります。また、登記手続きはふつう司法書士という専門家に委託することが多いため、手数料がかかります。

  不動産取得税

不動産を手に入れると、一定の税金がかかります。

 

住宅ローンを組むときには、加えて次のような費用が余計にかかります。

  印紙代

金融機関とのローン契約書に貼付する収入印紙代。

  融資手数料

金融機関に支払う融資手数料。
ローン保証料

連帯保証人を立てる代わりに必要なお金。
団体信用生命保険料

住宅ローン専用の生命保険の保険料です。世帯主に万が一のことがあったとき、この生命保険の保険金によってローンの残りが完済されます。

  登録免許税・登記手数料

ローンを組む金融機関が抵当権を設定するための登記をするので、登録免許税と登記手数料がかかります。

 

ここまでの経費は、どうしてもかかる費用です。

他にも、引越し代ごみの処分費水道加入金新しい家具・家電製品などがかかります。

家具や電化製品などの耐久消費財は、最初に買わず、徐々に買い揃える方法もあります。

「マイホームは土地代と建築費だけじゃない!その他諸経費が5%~10%かかる」ことは常に念頭に置いて「総額」を意識しましょう。