保証料って何? | 住宅ローン

家を建てるための打合せの中で、資金準備のために「資金計画表」を営業マンから提示されると思います。

そこには融資額や金利、返済期間のほかに、諸経費の内訳と金額が記載されています。

その項目の中で、「ローン保証料」という意味のよくわからない項目が出てきます。

また銀行のホームページを見てもその言葉は載っています。

そして、それは「ローン保証料:600,000円」というように、金額が非常に大きいものです。

 「馴染みのないこの大きな金額は、いったいなんだろう?」と思われる方も多いはず。

目安となる金額は、1,000万円の借入金に対しておよそ20万円程度。

「ローン保証料:60万円」の場合、借りた金額は3,000万円程度だと考えられます。

「ローン保証料」とは、契約者の延滞によって金融機関が困らないように、契約者があらかじめ支払う諸経費です。

金融機関は、ほぼその系列に「保証会社」を持っています。

ローンを借りる人は、その会社に保証料を支払って、保証をしてもらいます。

保証をしてもらうと言っても、お金を借りる人が救われるのではありません。

万が一、ローン返済が滞ったとき、保証会社がローンの残りを金融機関に一括返済します。

こうすることで、金融機関は不良債権を保有するリスクを避けています。

ローンを借りる人が多額の保証料を支払っても、貸している金融機関が助かるだけです。

金融機関のなかには、「保証料は無料!」を打ち出しているところもあります。

例えば、一部の銀行や、「フラット35」という住宅ローンも、保証料を無料にしています。

諸経費のなかでも金額が大きい保証料がタダになるのは大歓迎なのですが、その分ローンの審査は厳しめになったり、金利が高くなりがちです。

借りる人の信用力(返済能力)が問われます。

また、保証料が無料の住宅ローンは、「融資のタイミングが1回だけ」という場合が多く、建物の引渡し時にのみ融資をします。

「まず、土地の融資を先行して受け、家が建ったときに再度融資を受ける」というような、融資タイミングが複数回になる貸し方には対応してくれません。

したがって別口で、金利が高めの「つなぎローン」を組まなければなりません。

住宅ローンを選ぶときには、金利だけではなく、この「ローン保証料」の額も比較の対象に加えましょう。

ローンに限らず、追加の費用が他にないか、家作りでは住むまでにいくらかかるかを考えることが大事です。