天然木の癒し効果と安全性「湿度を調節する」

木は人間にやさしく、たくさんの恵みを与えてくれます。

人間にとって安全で快適な環境をつくり出す、大きなパワーを持っています。

そのパワーの特性や働きを理解し、充分に活かしきれる住まいを実現させることが大切です。

『湿度を調節する』

天然の木は、伐採されても呼吸を続けています。

湿気が多くなれば水分を吸収し、逆に乾燥すると内部の水分を水蒸気として放散する、いわば天然のエアコンです。

奈良の正倉院は、太い木材を横に重ねていく校倉(あぜくら)造り。

1300年近くの時を経た今でも、中の宝物を大切に守り続けているのは、木の持つ優れた調湿作用によるものです。

住まいの中で見てみると、木の持つ調湿作用によって、結露を防ぐことができます。

結露を防ぐことができると、カビやダニも防ぐことができ、空気をきれいに快適に保つことができます。

その効果を実際にモデルハウスで体感していただけます。

梅雨時でも床はいつでもさらっと気持ちの良い肌触りです。

言葉では中々伝わりませんが、違いはすぐに感じて頂けます。

お気軽にモデルハウスへお立ち寄りください。
IMG_8594