坪単価とは? | 注文住宅

お客様からよく「坪単価はいくら?」と御質問を受けることがあります。
住宅メーカーの広告などでも、坪単価をよく目にします。
坪単価とは文字通り、家を建てるときの1坪当たりの建築費のことで、建物の本体価格を延べ床面積(坪、1坪はおよそ3.3m²)で割った金額のことです。
家を建てる時のおおよその目安として一般的に参考にされている金額ですが、建築前と完成後の坪単価が大幅に違ったという話はよく聞きます。
坪単価とは、あくまでも建物本体価格の参考金額であり、単なる目安でしかありません。
坪単価には、何が含まれているかもとてもあいまいです。
例えば
・「延べ床面積」か「施工床面積」かで、金額が変わります。 坪単価を計算するときに、「延べ床面積」ではなく「施工床面積」を使うメーカーもあります。「延べ床面積」には、ベランダ、小屋裏収納、地下室、玄関ポーチなどは含まれません。しかし、「施工床面積」はそれらを含んで計算するので、「延べ床面積」よりも「施工床面積」の方が広くなります。その結果、坪単価は「施工床面積」で算出した方が安くなるのです。
・建物本体価格は含まれますが、それ以外の工事費・諸経費は含まれません。 建物の本体価格には、何が含まれているかがメーカーによってばらばらです。一般的に屋外設備工事費などの「別途工事費」や各種税金などの「諸経費」などは含まれません。坪単価20万円台などという広告を見て『この価格なら建てられる!』と思っても、あくまで最低ラインの価格だと考え、別途費用がかかることを忘れないように注意が必要です。基本契約書・付帯工事契約書1・付帯工事契約書2・・・当初の坪単価はどこへ行くのでしょう?
・標準設備などのメーカー、グレードが御希望の設備と差があることがあります。 建物の本体価格に含まれているキッチンやユニットバスなど標準設備のグレードを低く抑えることで坪単価は安くなります。仕様をグレードアップすれば当然に坪単価は高くなります。

最も大切なのは、『実際に住めるようになるまでにいくらかかるか』が大事であって、坪単価は参考程度で、他に設備グレードアップ・追加工事・外構工事・諸費用・家具家電費用なども含めた金額を念頭に考えるべきだと思います。今後は消費税の増税分も考慮しなくてはいけません。

住める金額』、つまり総額を常に意識した資金計画・打合せが非常に重要になってきます。